ツーショットでスベらないトークテーマ

テレクラファンの自分が鉄板だと思うのが、
美味しい店トークです。

この話題を練り上げれば、
どんな女子でもイイ感じでトークができるオールマイティーななアイテムです。

なので、このネタのメリットと泣き所をチェックしてみましょう。

この話題は、年齢や状況などを問わない間口の広さが魅力です。
ですので、考えられる特長を分析するとと・・・

長所

  • お店が無くならない限り何度でもネタとして使える
  • エンコーに躊躇がある女子でもご飯をおごるというライトな借りを押し付けられる
  • 女の子に待ち合わせの口実を与えられる

ちょっと長くなりましたが、この辺が思いつきます。

1日に何人もの女性と話していると、情報は尽きてきます。
そんな時でも、何度でも使えるネタがあるとお役立ちですね。

また、飲みをごちそうになったからお礼に・・・
なんて話の成り行きもあり得ます。
まぁ、そこまでイイ感じに行かなくても、
ご馳走してもらうと女の子は喜ぶモノです。

最後のエクスキューズを与えるというのは、
約束のポイントです。
普通は女性は綺麗な存在でありたいと思っています。
その気持ちを汲んで、
自分への口実を作ってあげると、
約束の可能性はアップします。

網にかかりすぎる

かなりどんな人でも使えるネタですが、
その効果が問題点になることもあります。

それは、
メシ狙いの女子が掛かり過ぎるということです。

食事に行けば、時間と金を失います。
お金に関しては、金持ちの人であれば、
問題にならないかもしれませんが、
時間をロスするのは、何よりダメージを受けるところです。

お金は取り戻せても、
時間を取り戻すことは出来ません。
だから、アポの先の恐れをトークの間に、
チェックしておくなど、対応をとれると良いでしょう。
例を挙げると、女の子にこれまでのテレフォンクラブで、
会ってからSEXに至った体験があるか聞くというようなテクニックがあります。

ということで、この強みと泣き所を理解して美味しいお店バナシを利用しましょう。

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ