約束する場所の原則

ツーショットダイヤルを利用するというと、
何を喋ればイイか?
というポイントに目が向きますが、
意外とアポの場所に意識が向かない方が多いようです。
だけど、約束する場所の設定は、トークと同様に大切です。

せっかくイイ感じでトークをできたのに、
待ち合わせの指定を誤って会えなかった…
なんて笑えませんよね?

かつては、小型の地図をカバンに入れて、
約束の場所を間違えないようにしていましたが、
スマートフォンのおかげで、
最近では約束の場所が探せない心配はいらなくなりました。

それでも、女の子のメアドを聞かずに約束をしてしまうと、結局見つけられずに、長時間立ち尽くすハメになります。

そうなると徒労感しか残りませんね。
そうならないために対策を立てましょう。

いささかツーショットダイアルに慣れてくると、
以前の経験から、オンナの子を見てから会うか決めよう
と悪知恵を働かせるようになります。
タイプじゃない女の子に時間を浪費したくない
というフィーリングは分かります。

でも、女性もそんな風に考えます。
お互いそんなことを考えていたら、未来永劫会えませんね(笑)

ですので、そこは正攻法で行くことを推奨します。
ただ、何もしないで損をしても建設的ではありません。
わたしが提案したいのは、待ち合わせには外から見えない場所を選べということです。

周りくどい言い方をしてきましたが、
つまるところアポの場所を外から見えない場所にしましょうという話です。

こうすることで、女の子は見た目の確認が出来なくなります。
オマケに、呼び出した人の顔を見るイタズラも防げます。

一粒で二度美味しいのこの方法の実行を推奨します。

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ