テレクラで約束ができる男性会員、出来ない男性ユーザー

29歳まで素人童貞だった後輩が、
月2間隔で新しいおんなの子と
えっちが出来るようになった秘密を知りたくありませんか?
こんなことを言われたら、ほんの少し興味が湧きますよね。

「出来過ぎた話には裏が・・・」
「きっとダマそうとしているんでしょ?」
なんて拒否反応を示す人もいるかもしれません。

安心です。
なんの報いも求めていませんww

じつはその後輩は、テレクラを使って出会っています。
そして、ツーショットダイヤルでアポイントができる確率が
100%近くになったおかげで、
セックスが出来るようになったんですね。

どうして、約束が出来るようになったのか?
それは、テレクラでアポイントが出来る男性ユーザーには、
ある類似点が存在するということを
ワタシが教えたからです。

これを気付いていると、そうでない時では、
将来のテレクラライフの成果に大きな違いが出てくるので、
ぜひ、分かっておいてください。

女性がツーショットでアポをする要因

どういう場合、女の子は約束をしてもイイと思うか考えてみてください。

例を挙げると、援交。
現金をもらえるという利益があるから会います。

「お金は反則でしょ?」
そういうテーマではありません。
ココで注目すべきは、利益の方です。

ものすごくシンプルで普通のことですが、
女子は会うことで利益のある男性としか、
会いません。

当然、一口に利益と言っても、
あらゆるタイプのメリットがあり、
必ずしもメリット = お金というワケではありません。

もしも、アナタがお腹が減って動けない時に、ご飯を食べさせてくる人は、アナタにとって利益になります。

そういったスタンスで利益を分類すると、①金銭的メリット、②物質的メリット、③肉体的メリット、④精神的メリットなどが考えられます。

それぞれ、詳細を見ていかなくても、
なんとなく想像はつくのではないでしょうか?
いずれも、男性にとっても利益になることなので、
納得できると思います。

ところで、過去には、ずっとビッチと呼ぶことを
無理強いしたM役がいました(笑)
これは、メンタル的なメリットを与えていると言えます。

アナタがトークをしている女子は、
これらの中でどういう利益を欲しているかを引き出し、
アナタと会うことでどんな利益をゲットできるかを提示出きれば、
間違いなく女の子は会います。

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ