深夜帯にテレホンクラブで約束をするノウハウ

これって自分だけなんでしょうか?
お酒を飲むと、顔が赤くなる。
半勃ちになるとと、出会いをしたくなる。
夜になるとと、テレクラをしたくなる・・・。

最後にツッコミをいれた人は、正常ですWWW
疑問を持たなかった人は、
鼻息を荒くしたままエッチな子と話したくて居ても立ってもいられなくなり、
土日のためにとっておいた購入ポイントを使って、
テレフォンクラブにCALLなんて体験、
心当たりがあるのではないでしょうか?

そんな日に限って、ノリノリで会話が出来たのに、
いざ会おうと思っても、時間は真夜中の5時…。
遊びに行くことはちょっと億劫になってきたし、
女の子も「もう遅いし…」
という具合で、メールアドレス交換だけして電話を切る。
数日後、メールを送るとエラーメッセージが返って来てしまう。

こんな状況を経験した方へ向けて、
深夜帯のツーショットダイヤルをクリアーする技術を解説したいと思います。

逆算するクセをつける

テレホンクラブに限定しないことですが、計画は大切です。目標を決定して、最終地点へ邁進することが、成功のキーポイントとなります。
特にテレクラでは、自由に話せる前提という先が見えないアクションがあるからこそ、計画的に進めないと、無駄に残りポイントを消費してしまいます。

無論、ヒマつぶしで楽しむのならば、プランは不要ですが、エッチをすることを目標にするなら、深夜帯のテレクラでは、プランは必要です。

具体的には、まず約束する場所と時間を自分の中で決めましょう。そうすると、待ち合わせまでの移動時間、準備の時間、話の終了時間・・・といった具合にに計算が出来るようになります。

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ