深夜帯ツーショットの変わり種

夜更けのテレホンクラブって、
なんだか背徳的なフィーリングがあって、楽しくなってきますね。
特に、電話でエッチなんて・・・
フフフ、ヨダレが出ましたww
けれども、喜んでばかりもいられません。
そんな素晴らしいコールに紛れて、深夜のツーショットダイヤルには、痛いタイプの女子もTELをかけてきます。

それは、身の上相談をしてくるツーショットダイヤル中毒女のコールです。
甘い人ほどハマるリスクが高いので、
是非とも慎重になってください。

この困ったちゃんは、
「勤務先の上司のセクハラが最低」
「彼氏はいるのかとうるさく言われている」
などと、どこにでもあるタイプのグチではじまり、
親切心で話を合わせていると、
その内にわたしはうつ病だ系の話をし始めます。
そして、ずっと気が重くなる話を続けるのです。

当然、このタイプは遊ぶことはありません。
ただ話を聞いて欲しいだけなので、アポイントの話題には乗ってきません。

ですから、このタイプがいたら、即刻変更すれば良いのですが、本当に苦しんでいる女性との違いが分かりづらいので、そこを判断するのがたいへんです。

だけど、あえてわたしはこういったTELに当たったら、余計な下心を出さずに、コールバックをすべきだと考えます。

テレフォンクラブの基本は、色気を出さないことです。
欲を出してもイイことはありません。
そして、またとない機会は何回でも訪れるのだから、
慌てて余計なコールに関与しないことです。

そんなわけで、夜更けのテレクラで
抑えておくべきノウハウを紹介しました。
待ち合わせを目指すなら、この辺は最低限抑えておくようにしましょう。
以上、これからのテレクラ活動を謳歌してください

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ