テレクラで待ち合わせをした場合に、スッポカシ被害に遭わないために

テレホンクラブあるあるの1つにすっぽかしがあります。
アポイントをしたのに、アポイントをぶっちして来ないことを指します。
これがあると、かなり滅入りますよね?
そんなドタキャンをかまされないためにも、
スッポカシのケースを会得しましょう。

腹いせの事例

ツーショットで出会った女性に聞くと、
男性から罵声をぶつけられることが
かなりたくさんあるそうです。
そこで、恨みつらみを晴らす意味で、
他の男性にスッポカシをすることがあるのです。
とんだ災難もイイところですね(。´Д⊂)
全然会話が盛り上がっていないのに、
女性からアポを持ちかけられた場合は、警戒した方がイイでしょう。

しょうがない事例

女性は待ち合わせをするつもりじゃないのに、
半ば脅されて約束を強要されるので、
その場を凌ぐために
しょうがなくアポイントを決めてしまうパターンがあります。
これは利用者に空気を読め!ということでレッドカード!!!

他にイイ男が見つかった例

ツーショットダイアルに電話をかける女子はしたたかです。
アナタとアポをとったからといって、
他の男性ユーザーとお喋りをしないということはありません。
より条件の良さそうな男性へ乗り換える恐れは大です。
これもトークテクをレベルアップさせて、対応するしかありません。

ということで、多くのケースが
会話方法の強化で対応できますが、
ドタキャンをされないベストなやり方は、
電話番号を聞き出して、待ち合わせスポットに行く前に電話が繋がるか確認する手法です。

これで電話に出れば、堅いですが、
待ち合わせをする前からケータイ番号を聞き出すのは、
なかなか難易度が高いと言えます。

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ