ツーショットでアポをとる大事な点はライバルの存在を自覚できるか?

もし、ニホンで男はアナタ1人しか
ツーショットをやってない1日があったら・・・
イメージしてみてください。

TELが鳴りっぱなしはもちろん、
アポも思いのままになります。
500人と約束だって不可能ではありません。

しかし、もしわが国で2人が遊ぶとしたら・・・
その割合は半分になるかもしれませんね。

今回はそんなことを話題にしています。

ライバルは男性ユーザー前のように、ツーショットの店舗に行くことがなくなったので、認識しませんが、ライバルは同じ地域の男性会員です。

ツーショットダイアルにコールするおんなの子はズル賢いなので、
別の男性ユーザーとも会話をしたうえで、どちらと待ち合わせをするか比べるのです。
ということで、当然アナタが勝負に敗北することもあります。

しかし、負かすこともあります。
ツーショットダイアルを長くやっていくと、およそ一定の確率の中で出会いがうまくいくことが分かってきます。
つまるところ、その中で勝利を増やしたいなら、待ち合わせの母数を増やすのが、成功への最短距離となるのです。

そこで、テレフォンクラブも最終的には、
確率の話しになっていきます。
うまく行く時だけでなく、
やらかした場合も考えて行動すると、
貴重な金銭と時間を効果的に使えます。

えっ?そんなこと知っていた?
そんなアナタはテレクラマニアになれます!WWW
あとはやり切るだけですね。
成功を信じています。

☆☆ オススメ案件 ☆☆
サブコンテンツ

このページの先頭へ